メニュー

アルタム・エンゼルを看取る

[2016.04.06]

人を看取ることと同じではないことは承知ですが、
大切にしてきたけれども病気になり、どうしようもなく、看取るしかないのです:
IMG_5954.jpeg
クリニック待合室水槽の10匹のアルタム・エンゼルのうち、一番小さいのが水底に横たわっているのを患者さんから指摘されました。
残念ながら、そのような状態になったらもう助けられません。
患者さん達への影響も配慮して、
バケツに水槽の水を汲んで隔離させていただきました。
処置室にて看護師にお願いして状態を報告してもらいました。
えら呼吸が止まってからもしばらくは鰭が痙攣するように動いていましたが、やがてその動きもなくなりました。
原因はよくわかりません。
こんなとき医者は無力なものです。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME