「より良くいきる」リハビリ専門クリニック【大田区・東雪谷】

脳卒中の後遺症(手のつっぱり、手足のまひ)の治療・リハビリテーション

  • HOME »
  • 脳卒中の後遺症(手のつっぱり、手足のまひ)の治療・リハビリテーション

脳卒中などの手足のまひ、つっぱり(痙縮)などでお困りの方はご相談ください。

脳卒中発症後、時間が経過したら手足のまひ・手足のつっぱりは良くならないとあきらめていませんか?最近では新しい治療法やリハビリテーションを行うことでの効果も明らかになっております。山王リハビリ・クリニックではリハビリ専門医や理学療法士等により脳卒中の後遺症を総合的にサポート致します。退院後もあきらめずに是非ともお気軽にご相談下さい。

当クリニックでの手足のまひ・つっぱり(痙縮)対する治療例

ボツリヌス療法

手足のつっぱりをやわらげるお薬(ボツリヌストキシン)を注射することで、筋肉の緊張をやわらげることが出来ます。手足の筋肉がやわらかくなり、動かしやすくなることで、日常生活が楽に出来るようになったり、同時にリハビリテーションを行うことで治療効果が期待できます。また、関節が固まって動きにくくなったり、変形することを防ぐことが期待できます。

詳細はこちら

ハンズ療法(HANDS:Hybrid Assistive Neuromuscular Dynamic Stimulation)

hands まひした手や指に対し、電気刺激装置を利用しながらリハビリテーションを行ないます。電気刺激が手のまひの動きを補助することにより、動作の改善が効果的が期待されます。

詳細はこちら

理学療法・作業療法(Physical Therapy Occupational Therapy)

理学療法士による治療
ストレッチや関節の動きを良くするための運動療法などを行ない、まひや動作の改善プログラムを理学療法士や作業療法士がリハビリテーションを提供します。

詳細はこちら

手足のつっぱり、緊張を緩和する薬

 手足のつっぱりや緊張をやわらげる飲み薬なども相談下さい。

 

リハビリテーション科専門医の紹介

リハビリテーション科専門医院長 森英二(もりえいじ)

■プロフィール

慶應義塾大学医学部を卒業。
慶應義塾大学病院、小田原市立病院、国立療養所東埼玉病院勤務
平成7年に山王リハビリ・クリニックを設立
スポーツリハビリ、在宅医療を得としている
■資格
日本リハビリテーション医学会リハビリテーション科専門医
日本体育協会公認スポーツドクター
医学博士
リハビリテーション科専門医速水聰副院長 速水聰(はやみずさとし)
■プロフィール
慶應義塾大学医学部を卒業。
慶応義塾大学病院、市川市リハビリテーション病院、東京都リハビリテーション病院、
慶応義塾大学月ヶ瀬リハビリテーションセンター勤務後、平成17年より山王リハビリ・クリニックに勤務。
小児リハビリテーション、在宅リハビリ医療を得意分野としている。
■日本リハビリテーション医学会リハビリテーション科専門医
日本体育協会公認スポーツドクター
障がい者スポーツ医、産業医、日本脳卒中学会員、日本臨床神経生理学会員、日本義肢装具学会員
日本高次脳機能障害学会員、日本褥瘡学会員

脳卒中のリハビリ相談・診察をご希望の方へ

初めて診察を希望される方は下記の診察時間にて受診ください。予約は不要です。
なお、初めて診察される場合は時間に余裕をもって受診するようにお願いします。下

shinsatu
担当医師

* 第2,第4火曜日は水野先生診察を担当致します。
* 担当医師が都合により変更となる場合があります、予めご了承下さい。

 

 

お気軽にお問い合わせください TEL 03-5754-2672

PAGETOP