2016年3月26日開催されまいた第5回脳血管障害への下肢装具カンファレンス2016にて、外来リハビリテーション科係長の本間格 理学療法士が「在宅生活期における脳卒中片麻痺患者に対してGait Judge Systemを導入した1症例」の演題発表を行いました。ご協力頂きました皆様には感謝申し上げます。また、患者様、ご利用者様には最新、最良のリハビリテーションを提供できるように努力してまいります。今後もご支援、ご協力お願いします。

IMG_0517