「より良くいきる」リハビリ専門クリニック【大田区・東雪谷】

脳卒中の麻痺の治療プログラム・ハンズ療法の紹介:HANDS

  • HOME »
  • 脳卒中の麻痺の治療プログラム・ハンズ療法の紹介:HANDS

脳卒中の麻痺の治療プログラム・ハンズ療法の紹介

脳卒中で麻痺を生じた手や指に対し、手関節固定装具と随意運動介助型電気刺激装置(IVES)を装着して一定期間集中的に訓練を行い、麻痺した手や指を積極的に使用することによって動きの改善や実用性を上げる訓練方法です。

 HANDS療法は、脳卒中で麻痺した手や指の動きを改善し生活の中で使えるようにすることを目指して行われる治療方法です。アイビス(IVES:随意運動介助型電気刺激装置)という治療機器と手関節固定装具を利用しながら3週間の集中的な治療を行います。

 

随意運動介助型電気刺激装置(IVES)とは

携帯型の特殊な電気刺激装置です。麻痺した筋肉の微弱な随意的な筋活動を電極で感知し、それに応じた電気刺激を麻痺した筋肉に与えます。すなわち通常の電気刺激装置と違い、自分で麻痺した手や指を動かそうとしたときに電気刺激が流れ、その電気刺激が筋肉の収縮を助けるという仕組みです。動かそうとしなければ十分な電気刺激は流れず、手の動きは助けられません。自分で麻痺した手を動かそうとしても十分には動かないという場合でも、この装置が麻痺で動かしにくくなった筋肉の力を補助してくれますので、動かしやすくなります。

当院でのハンズ療法実施の特徴

・当院では入院せずに通院で3週間、週3~5回の頻度で1回につき2時間治療を行います。多くの病院では入院が必要となりますが当クリニックでは入院せずにハンズ療法が受けられます。また、期間中は自宅でも担当の作業療法士の作成した自宅訓練を行うとともに、毎日の生活の中でも積極的に麻痺した手を使用し(両手で食器を洗うなど)、より効果的な治療を行います。。
・また、麻痺の状態に応じて、ボツリヌス療法(A型ボツリヌス毒素を用いて痙縮筋の緊張を和らげる治療法)を併用します。
当院でのHANDS療法には適応基準があります。また、HANDS療法の効果には個人差があります。HANDS療法についてのご質問やご希望などありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-5754-2672

PAGETOP