さる6/8-6/10に岡山市内にて日本リハビリテーション医学会学術集会が開催されました。今回の学会テーマは、「エビデンスに基づく地域包括ケアシステムの推進」。当クリニックより計4題(PT 1題、ST 2題、医師 1題)を発表して参りました。

・地域連携(診診連携)による多角的な腎臓リハビリテーションの取り組み(家亀志伸理学療法士発表)
・在宅生活期の高次脳機能障害者に対する集団的アプローチを実施した一症例(田中友里加言語聴覚士発表)
・失語症者の家族に対する会話指導の一例(中園蘭言語聴覚士発表)
・地域・在宅生活期における高次脳機能障害者に対する集団的アプローチ(速水聰医師)